クマ取りは痛いのか解説(目の下のたるみ取り)

こんな人におすすめ

  • 睡眠時間は十分なのにクマが取れない
  • メイクをしてもクマが気になる
  • 老けた気がする
  • 目の下が膨らんでたり、凹んでたりする。

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

クマ取りは「切らない」でもできるお手軽な治療メニューですが眼下脂肪を除去するなど痛みを心配する方も多いです。今回クマ取りが痛いのかを解説します。大半の方は黒グマで悩まれているため、特に黒グマの治療についてご注目ください。

黒クマの原因

黒クマは、年齢を重ねるごとにコラーゲンやエラスチンなどが減少し、皮膚がたるむことが原因で発生します。皮膚がたるむと眼窩脂肪が前に押し出され、膨らみができます。この膨らみが影を作ることで、黒クマが発生します。加齢により進行するので、放っておくと症状は悪化してしまいます。

青クマの原因

青クマは、目元周辺の皮膚が他の部分よりも薄いため、皮膚の下にある毛細血管が透けて見えやすくなります。毛細血管が健康な状態であれば鮮やかな赤色をしているのですが、睡眠不足やストレスなどで血行が滞ると、暗い赤色に変わります。暗い赤色に変化した血管が透けて見えやすくなり、青クマを発生させてしまうのです。

茶クマの原因

茶クマは、メイクをきれいに落としきれていなかったり、目をゴシゴシこすって摩擦を加えたりすることが原因で起こります。目元周辺の皮膚は薄くてデリケートなので、色素沈着が起こりやすくなります。また、通常人間の皮膚は28日周期で新たに生まれ変わりますが、乾燥などのダメージが加わっていると色素沈着やシミが発生しても、なかなか元に戻りにくくなります。

黒クマ治療の痛みについて

黒クマの悩みを扱うというのは、眼の周囲の余分な脂肪や皮膚の垂れを整えるというプロセスです。それを自分で解消するのは困難で、美容整形手術による治療が一般的です。実際、クマの問題で当院に訪れる患者さんの大部分(90%)は黒クマが問題です。

黒クマを取り扱う施術は、一般的には少し痛みを伴いますが、クマを取り除く手術自体は比較的痛みが少ないため、過度に心配する必要はありません。もし不安が解消しない場合、施術前にクリニックのスタッフと相談し、十分な理解を得てから手術を受けることが重要です。

黒クマ治療の手段

黒クマの一般的な治療方法は、たるみを引き起こす脂肪を除去する(脱脂)ことです。これは無切開の治療法とも呼ばれ、目の下の皮膚の裏をわずかに開け、そこから脂肪を除去します。

当クリニックでは、脱脂だけではなく、脂肪注入も同時に推奨します。脱脂だけを行った場合、目の下が凹んで新たな影ができる可能性があるためです。脂肪注入により、自然な弾力を維持できます。

ただし、皮膚が伸びて垂れているケースもあります。その場合、脱脂だけでは解決しないため、皮膚の切除手術が同時に必要になることがあります。

黒クマ治療中の痛み

黒クマ治療で痛みを感じる可能性のあるポイントは、「目の下の裏面での脱脂」「脂肪注入」「皮膚切除」の3つです。当クリニックでは全ての手段で痛みの除去に全力を尽くし、局所麻酔や静脈麻酔を施して手術を行います。静脈麻酔を使用する場合、患者さんは眠っている間に手術が行われるため、痛みを感じることはありません。

黒クマ治療後の痛み(ダウンタイム)

黒クマ治療後の痛みは、手術後数日間続くことがあります。全体のダウンタイムは1~2週間ほどですが、その間ずっと痛みが続くわけではありません。

痛みは鈍痛であり、当クリニックでは手術とともに痛み止めの処方も行います。したがって、無理に痛みを我慢する必要はありませんので、ご安心ください。

青クマ治療の痛みについて

青クマの治療には美容整形手術が有効ですが、それと同じくらい自己ケアも重要です。体調不良が原因で青クマが発生している場合、一時的に解消されてもすぐに戻る可能性があります。

逆に、自己ケアによって青クマが改善しやすいという特性もあります。血行改善や皮下脂肪の不足解消など、クリニックに足を運ばなくてもできる対策が多いのです。

青クマの治療方法

青クマの原因は大きく「皮膚・脂肪の薄さ」と「血行不良」の2つに分けられ、それぞれに対する治療法が異なります。

目の下の皮膚や脂肪が薄い場合、当クリニックでは脂肪やヒアルロン酸などを注入して改善します。

血行不良が原因の場合は、ピーリングやレーザー治療を用いて目の周りに微弱な刺激を与え、血行を改善します。セルフケアとしては、目の周りを温めたり、充分な睡眠をとったり、ストレスを解消したりなど、原因に対応した対策が重要です。

青クマ治療中・ダウンタイムの痛み

青クマ治療で痛みを感じる可能性があるのは、注射による治療や血行改善のためのレーザー、ピーリングなどです。

当クリニックでは痛みへの対策を行い、痛みを感じることはほとんどありません。そして、青クマ治療後のダウンタイムについても痛みはほとんどありません。

ただし、注射やレーザー、ピーリングなどの治療後は、軽度の腫れや赤みを感じることがあります。そのような場合も、適切なケアと休息をとれば数日で回復します。

一般的に青クマ治療のダウンタイムは1週間以下であり、重大な痛みを伴うことはほとんどありません。全ての手続きは当クリニックの医師によって丁寧に行われますので、痛みに対する不安がある方はぜひお気軽にご相談ください。

茶クマ治療の痛みについて

茶クマの原因は主に色素沈着であり、肌の色が全体的に変化してしまっているため、治療は一度では終わらないことが一般的です。治療は徐々に行い、肌の状態を少しずつ元の色に戻していくのが通常の流れです。

また、生活習慣が原因で茶クマが発生することが多いため、治療と共に日常生活の見直しも必要となります。

茶クマ治療の手段

茶クマを取り除くための治療方法として、当クリニックではレーザー治療やスキンケア製品の処方などを推奨しています。加えて、自己ケアとしてアイメイクをしっかりと落とすことや、目元に無理な刺激を与えないことも重要です。

茶クマの治療は、肌の色が少しずつしか改善しないため、繰り返し施術が必要となる場合が多いです。これは治療が長期化する一因となっています。

茶クマ治療中・ダウンタイムの痛み

茶クマ治療で痛みを感じる可能性があるのは、レーザー治療を行う時のみです。当クリニックでは患者さんの快適性を最優先し、麻酔を使用して治療を進めます。しかし、茶クマ治療自体はそれほど強い痛みを伴わない施術とされています。

治療後(ダウンタイム)の痛みも、治療当日にはほぼ消えてしまうことが多いです。茶クマ治療のダウンタイムは数日から1週間程度と、青クマ治療に比べてやや長めですが、痛みが持続する期間に大きな差はありません。