目の下のたるみを取るメリット・デメリット

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

目の下のたるみの原因とは?

目の下のたるみの一番の原因は、加齢による目の周りの皮膚、眼輪筋、眼輪隔膜の老化にあります。

この老化に伴い、水分の不足や皮膚の弾力の減少、筋肉の力の低下などが生じ、目の下に存在する脂肪が前方に突出し、たるみが形成されるのです。

目の下のたるみは、セルフケアによって予防することは可能ですが、老化が主な原因であるため、完全に予防することは困難といえます。

クマとたるみの違いとは?

クマはたるみとは異なり、目の下の色素沈着や血行の悪さから生じるものです。目の下のたるみとは異なる現象で、主に以下の3種類のクマが存在します。これらは、生活習慣の見直しや適切なスキンケアである程度の改善が期待できます。

  • 青クマ:血管が皮膚を透けて見えるもの。皮膚の薄さ、睡眠不足、血行の悪さが原因。
  • 茶クマ:色素沈着によるもの。メイクの残留やアレルギーが原因とされる。
  • 黒クマ:目の下のたるみによる影が原因で黒く見えるもの。

クリニックでのたるみの治療がおすすめ 目の下のたるみは、セルフケアやマッサージで一時的には改善することも可能ですが、持続的な効果を期待するのは難しいです。また、過度なマッサージはまぶたを伸ばす原因となったり、皮膚のダメージを招くリスクがあります。

このようなリスクを避けるため、そして効果的にたるみを改善するためには、クリニックでの治療が推奨されます。

クリニックでのたるみ治療のメリット

  1. 傷跡が目立たない
  2. 抜糸の必要がない
  3. 回復期間が短い
  4. 手術時間が短い

しかし、クリニックでの治療には以下のデメリットも考慮する必要があります。

クリニックでのたるみ治療のメリット

  1. 内出血のリスク
  2. 数週間の違和感
  3. たるみが目立つ可能性

目の下のたるみ治療の手順 クリニックでの治療は、以下の手順で行われます。

治療の流れ

  1. カウンセリング
  2. 施術前の説明と準備
  3. 実際の治療
  4. アフターケア

治療を受ける前には、しっかりとカウンセリングを受け、自身の状態や希望を伝えることが大切です。