クマ取りは痛いのか

こんな人におすすめ

  • 睡眠時間は十分なのにクマが取れない
  • メイクをしてもクマが気になる
  • 老けた気がする
  • 目の下が膨らんでたり、凹んでたりする。

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

美容整形手術、目のクマ取りをはじめとする手術に対して、「手術は痛いのでは?」という不安を抱く人は多いです。この記事では、目のクマ取りについて、具体的な手法や手術中の痛み、手術後の痛みについて詳しく解説します。

目のクマについて

目のクマは、目の周りの肌と比べて色が変わる部分を指します。主に目の下に現れることが多いですが、目下だけでなく目の周りに発生する場合もあります。クマにはいくつかの種類があり、それぞれの原因と治療法が異なります。したがって、クマ取りを行う際には、まず自身がどの種類のクマに悩んでいるのかを特定することが必要です。

黒クマ

黒クマは、目の下に影が生じることによってできるものです。年齢を重ねると、目の下の脂肪が前に突き出てきてたるみが生じることがあります。このたるみが影を作り出し、それが黒クマの原因です。このタイプのクマは、影が消えると共に改善されることがあります。

青クマ

青クマは、目の周辺の皮膚から血管が透けて見えることによって引き起こされます。通常、血管は皮膚に隠れて見えないようになっていますが、皮膚が薄いか、血行が悪いと血管が透けて見えて青クマが現れます。

茶クマ

茶クマは、色素沈着が原因で目の下に現れるものです。アイメイクの落とし忘れや目元の刺激などによって、肌の色が変わってしまい茶色く見えることがあります。

治療法による違い

クマの種類によって治療法が異なり、それに伴う痛みも変わってきます。

黒クマの治療と痛み

黒クマは、たるんだ脂肪や皮膚のたるみを解消することで改善します。このため、美容整形手術が一般的です。手術中の痛みは、一般的には痛みを感じにくいですが、クマ取りの中ではやや痛みを伴うこともあります。しかし、大抵の場合、痛みは耐えられる程度のものです。

青クマの治療と痛み

青クマの治療には、美容整形手術の他にセルフケアも重要です。皮膚が薄い場合や血行が悪い場合は、皮膚への刺激や血行促進が効果的です。治療中の痛みも比較的軽く、セルフケアの方法によっては痛みを感じることなく改善できることもあります。

茶クマの治療と痛み

茶クマは色素沈着が原因であり、治療にはレーザーや外用クリームなどが用いられます。この治療も痛みを感じにくいものが一般的です。

手術中の痛みとダウンタイム

黒クマ、青クマ、茶クマの治療中やダウンタイムにおける痛みは、各種治療によって異なります。一般的に、痛みは軽度であり、麻酔などの対策が行われることで痛みを感じにくくなります。ダウンタイム中の痛みも、数日から1週間程度で緩和されることが多いです。

クリニック選びのポイント

クリニックを選ぶ際には、以下の3つのポイントを考慮することが重要です。

  1. 医師の実績と経験
  2. カウンセリングの質
  3. ビフォーアフター写真の提供

医師の実績や経験は、安心して手術を受けるために重要です。丁寧なカウンセリングと共に、ビフォーアフター写真の提供も手術のイメージを持つために役立ちます。

まとめ

美容整形手術、特に目のクマ取りについて考える際、痛みに対する不安は理解できることです。しかし、各種治療による痛みはそれほど強くなく、痛みの対策も行われています。クリニック選びやカウンセリングを通じて理想の手術を実現し、安心して施術に臨むことができるでしょう。