クマ取りのメリット・デメリット

こんな人におすすめ

  • 睡眠時間は十分なのにクマが取れない
  • メイクをしてもクマが気になる
  • 老けた気がする
  • 目の下が膨らんでたり、凹んでたりする。

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

クマ取り手術:メリットとデメリットを知る

「クマ取り手術」を考慮しているが、それに関するデメリットやメリットは何かと考えている人も多いでしょう。この記事では、クマ取りの手術に関する主要な情報を紹介します。

クマ取り手術の背景

クマの主要な原因は、目の下のたるみです。このたるみが主に起因するのは、加齢。加齢とともに、眼球を保持しているロックウッド靱帯が弛緩し、その結果として眼窩脂肪が前に突き出てしまいます。加えて、紫外線のダメージで皮膚が弛緩することも要因となります。これにより、人は実際の年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。

クマは大きく分けて、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があります。青クマは血行不良、茶クマは色素沈着、黒クマは目の周りの影や脂肪の突出が原因となっています。クマのタイプによって、治療方法を選択する必要があります。

クマ取りの治療法について

クマ取りの基本的な手順は、まずまぶたの裏の粘膜部分を切開し、クマの原因となっている脂肪を取り除くものです。ただし、適切な量の脂肪を取り除くことが重要で、医師とのコンサルテーションが欠かせません。

クマ取りのデメリット

クマ取りにはいくつかのデメリットがあります。主なものは、青・茶クマへの効果が乏しいこと、一時的なダウンタイムが発生すること、小じわが増加するリスク、医師の技術によって結果が変わること、そして特定の手法では目の下に傷跡が残ることが挙げられます。

クマ取りのメリット

一方、クマ取りのメリットも多数あります。主に、手術跡が目立ちにくいこと、ダウンタイムが短期間で済むこと、そして効果が長続きすることが挙げられます。特に、脂肪細胞は再生しないため、一度の手術で長期間の効果が期待できます。

まとめ

クマ取りは、目の下のたるみやクマを解消するための手術方法です。クマの種類によって効果が異なるため、自身の状況を理解し、治療のメリットとデメリットをしっかりと把握してから治療を検討することが重要です。