TREATMENT

脂肪吸引
ジョールファット
メーラーファット


アゴ下

脂肪吸引の特徴

脂肪吸引

お顔の脂肪吸引は耳の裏側の傷が目立ちにくい部位から、カニューレと呼ばれる専用の吸引管を用いて直接脂肪細胞を吸引していきます。 ホホやアゴ下の脂肪のせいで、お顔が大きく見えてしまう方や、また一度で顔痩せされたい方には、効果的な治療法です。しっかりと脂肪を除去することにより、シャープでスッキリとした輪郭の印象にすることができます。

ジョールファット除去

口角横に脂肪のことを「ジョールファット」といいます。口元のたるみの原因になり、リフトアップでも目立たせにくい部分となります。ジョールファット除去の施術によって、この口角横の脂肪を除去し口元のたるみの改善やマリオネットラインの改善、フェイスラインを整えることができます。 口角の内側部分から吸引するので、施術後の傷跡は外側から見えません。

メーラーファット除去

頬骨上の脂肪のことを「メーラーファット」といいます。 ほうれい線などのシワが目立つ原因となったり、笑ったときに頬が膨れ上がって見えてしまいアンパンマンみたいに見える原因となる脂肪です。メーラーファット除去をすることで、頬骨上の脂肪を除去し、ほうれい線が薄くなり目立ちにくくなるだけでなく、頬がすっきりして見えるので小顔効果も期待できます。口角の内側部分から吸引するので、施術後の傷跡は外側から見えません。

頬脂肪除去

「頬脂肪除去」は顔を大きくする原因の一つである皮下脂肪を、吸引して除去する小顔整形です。
皮下脂肪は、ストレスや暴飲暴食などでつきやすく溜め込みやすいのが特徴です。顔痩せしたくてダイエットを始めても、自力での顔痩せは難しく、小顔になるには何かしらの小顔整形を必要とする場合が多いです。耳の裏側から吸引するので、傷跡は目立ちません。

アゴ下脂肪除去

「アゴ下脂肪除去」は、二重顎を改善する方法として、最も効果が確実で満足度が高い方法です。脂肪吸引は一度に脂肪を取り除くことができるため、短期間で効果を得たい方におすすめの施術法です。吸引管は耳の裏から挿入するので跡も目立ちません。

こんな人におすすめ

  • リスク最小限で小顔になりたい
  • 頬やアゴ下の脂肪が気になる
  • 二重顎が気になる
  • 笑った時のお肉やもたつきが気になる

脂肪吸引関連のよくある質問

q

傷跡は目立ちませんか?

a

顔表面に傷跡はつかないため、目立ちません。

q

取ってしまって良い脂肪なのでしょうか?除去することによるデメリットはありますか?

a

除去して良い脂肪を診察で判断します。取ってしまった方が将来的なたるみ防止にもなる場合もあります。

q

ダウンタイムはどのくらいですか?

a

個人差がありますが、腫れや痛みが出やすい期間は、1~2週間程度です。3か月程度で拘縮と呼ばれる症状も治まり完成します。

q

脂肪吸引した後は元の脂肪に戻りますか?

a

脂肪吸引は、体から脂肪を永久的に取り除く処置です。取り除かれた脂肪が元に戻ることはなく、脂肪細胞の総数が減少するため、手術後はたとえ脂肪細胞が大きくなっても、手術前と比較して体重が増えにくくなります

q

脂肪吸引で余った皮膚はどうなるのか?

a

脂肪吸引手術においては、皮下の脂肪層を取り去ることにより、脂肪が存在していた場所に空間が生じることがあります。このため、皮膚がたるむ可能性について心配する人もいます。しかし、正しい方法で脂肪吸引を行えば、皮膚はその下の組織と自然に密着し、空間が閉じるため、皮膚がたるむことは防げます。

q

脂肪吸引後にしてはいけないことは?

a

脂肪吸引手術を受けた部位は、手術から3日間は手術の影響で炎症が起こり、痛みや腫れを伴うことがあります。そのため、大量の汗をかくジョギングや筋トレのような運動や、手術部位に負担をかける活動は避けるのが賢明です。

q

脂肪吸引でフェイスバンドをしないとどうなる?

a

顔の脂肪吸引後にフェイスバンドを使用するのは、回復期間を短くするためです。手術の後には痛み、腫れ、内出血などの症状が現れることがありますが、フェイスバンドをすることでこれらの症状を軽減することが期待できます。フェイスバンドをしないでいると、これらの症状がより強く現れることがあるので注意が必要です。

施術時間の目安

施術時間30分
ダウンタイム1週間程度で消失(個人差あり)
リスク違和感、凹凸、左右差など

施術費用

通常料金モニター価格
ジョールファット
(口角横)
185,000円110,000円〜
185,000円110,000円〜
メーラーファット
(頬骨上)
185,000円110,000円〜
アゴ下185,000円110,000円〜
脂肪吸引の症例写真