198,000

千葉駅より徒歩4分

こんな人におすすめ

  • 横に広がった小鼻を小さくしたい
  • 鼻全体を小さく見せたい
  • 鼻の穴を見えにくく小さくしたい
  • 傷跡が目立たないように治療したい
  • 不自然な仕上がりにならないようデザインしてほしい

ポイント

  • 横に広がった鼻翼幅を縮小
  • 鼻翼側面の張り出しを改善
  • 大きな鼻の穴をスマートに
  • 鼻の左右差の解消
院長 大西
院長 大西

良質で、安全性のある方法のみを採用しています。
また長年しっかりと執刀経験を積んできた私が担当致します。

小鼻縮小の特徴

小鼻縮小の特徴

小鼻縮小とは、大きく広がっている小鼻の一部を切開し小鼻を小さく見せる施術です。理想の形や、なるべくバレたくないなどの希望により、小鼻の内側法か、外測切開も併用するかを診察致します。
また、切開に抵抗がある方や、なるべくダウンタイムがないものを希望されている場合、糸のみで小鼻を引き寄せて小さくする埋没法も可能です。当院では、小鼻の大きさや張り出しの形により切開デザインを決めていきます。
また、傷跡が目立ちにくい部分を数ミリ切除し丁寧に縫合するため、傷跡は目立ちにくく仕上がります。

小鼻縮小の内側法

 内側法は小鼻の外側まで切ることなく施す手術です。鼻の穴を強調している穴内部の余分な皮膚のみを切除したのち、丁寧に縫い合わせます。小鼻の根元を内側に引き寄せることにより、横幅を狭くして、小鼻効果を生み出します。小鼻の根元から鼻の穴の中にかけての、外部から見えにくい部分を切開しますので、傷跡がそれほど目立ちません。この手術は以下のような方にお勧めです。
□小鼻が外に張り出していないが、鼻の穴は大きい方
□鼻翼縮小する幅が少ない方

小鼻縮小の内側+外側法

鼻の穴の中から小鼻の外側の溝に沿って切開して縫い縮める手術です。余分な皮膚を切除することにより、小鼻の付け根より外側に大きく張り出した鼻翼のふくらみを矯正していきます。溝に沿って手術するため、傷跡は目立ちにくくなります。ただし、切除をしすぎてしまうと不自然な形となります。また、傷跡が小鼻の外側の溝上部にまで至ると、溝が薄くなっているため、傷跡が目立つ結果になる場合があります。適切な美的デザインと技術が必要になります。この手術は以下のような方にお勧めです。
□小鼻が外に大きく張り出している方

施術時間の目安

施術時間30分
施術後腫れ・内出血 1週間程度で消失
リスク違和感・左右差が生じることあり

施術の流れ

01 ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

02 洗顔

メイクや肌の油分を洗い流します。当院オリジナルのクレンジング・洗顔を用意しておりますので、ご自由にお使いいただけます。

03 撮影

施術経過を確認できるよう、肌状態を記録するため写真撮影をします。

04 施術

丁寧に消毒・麻酔を行なったら、デザインに沿って施術を行っていきます。

05 終了

施術が終わりテープなどで圧迫したら、施術は終了です。腫れやガーゼが気になる方にはマスクをお渡ししています。

06 【術後3日間】テープで圧迫

施術内容によって異なりますが、術後3日間ほどは出血しやすく、鼻の形も不安定な状態です。きれいに仕上げるためにも、数日間はテープで固定していただきます。

07 【施術1週間後】抜糸

一週間後、抜糸のためご来院いただきます。抜糸ができたら施術は終了です。

施術費用

通常料金モニター価格
内側法248,000円198,000円〜
内側+外側法398,000円298,000円〜

Q&A

q

不自然になりませんか?

a

切除量にもよります。切り取り過ぎると、鼻のバランスが崩れ不自然さが出てきます。そのため、自然に見える範囲で切除することをお勧めしております。カウンセリングではどの程度の変化であれば自然かどうかのご提案も行っておりますので、ご安心されてご来院ください。

q

どのくらい変化がありますか?

a

切除する鼻翼の量は調節する事が出来るので、変化の程度も自由に調節する事が出来ます。しかし、度が過ぎると鼻のバランスが崩れ自然とはいえなくなりますので、適量を切除することをお勧めしております。

q

お化粧はいつからできますか?

a

メイクは創部以外であれば術後よりしていただけます。創部のメイクは抜糸(術後7日)の翌々日からとなります。

q

小鼻縮小のダウンタイムは?

a

手術によって痛みや腫れが起こりますが、これらの症状は約3日から7日で軽減します。内出血は1週間から2週間程度持続し、傷跡の赤みは1か月から2か月ほど続くことがあります。

q

小鼻縮小の傷跡はいつ消えますか?

a

小鼻縮小術による傷跡が消えるまでの時間は個人によって異なりますが、通常は3ヶ月から6ヶ月ほどで傷が目立たなくなってきます。外側法(外側切開や全切開)と内側法(内側切開)では、切開する場所が違い、内側切開の方が傷跡が目立ちにくくなる傾向があります。

q

小鼻縮小術の効果は何年持つ?

a

この手術の効果は長期間持続するので、小鼻の形状にコンプレックスを感じている方は、この手術を検討する価値があります。さらに小鼻縮小手術では、傷跡が目立たない箇所に形成されるため、他人に気づかれることは少ないです。

小鼻縮小の症例写真