糸リフトの回数制限はあるのか

こんな人におすすめ

  • 頬やフェイスライン、口元のたるみが気になる
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる
  • たるみが出る前に、その予防をしたい。
  • 肌にハリがない、ダウンタイムが少なく、大掛かりな手術はしたくない

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

糸リフトは、美容医療の中で手軽なリフトアップ方法として広く人気を集めています。この糸リフトは、顔のたるみを予防する効果は半永久的ですが、引き上げ効果の持続期間は1年から1年半程度に限られています。リフトアップ効果が薄れてくると、再び施術を受ける必要がありますが、「何回も受けられるの?」という疑問が生じることもあるかもしれません。

この記事では、糸リフトの特徴や施術回数の制限について詳しく説明します。糸リフトの施術回数について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

糸リフトの概要

糸リフトは、専用の糸を皮下組織に挿入することで顔のたるみをリフトアップさせる美容治療法です。この方法には切開を必要とする方法と、糸を使って引き上げる方法の2つがあります。ここでは、切開不要の糸リフトについて解説します。

糸リフトとは

糸リフトは、皮下組織に専用の糸を挿入することで顔のたるみを改善する治療法です。通常、糸には小さな特殊なトゲが付いており、これを皮下組織に引っ掛けることでリフトアップ効果を実現します。この糸の刺激によって、コラーゲンやエラスチンなどの繊維が生成され、肌のハリや弾力、潤いが向上し、半永久的なたるみ予防効果も期待されます。

糸リフトの効果

糸リフトには以下の6つの効果があります。

  1. リフトアップ効果
  2. たるみの改善と予防
  3. ハリや潤いのある肌
  4. 美肌効果
  5. ほうれい線の軽減
  6. しわの改善

この方法は、リフトアップやたるみの改善だけでなく、美肌効果ももたらす点が魅力です。

施術に使われる糸の種類と持続期間

糸リフトの施術には、主に以下の2種類の糸が使用されます。

  1. ポリジオキサノン(PDO)
  2. ポリカプロラクトン(PCL)

ポリジオキサノン(PDO)は、糸自体に摩擦力があり、肌の引き締め効果が期待されます。外科手術でも使用されることがあるほどの素材で、持続効果はおよそ1年から1年半です。一方、ポリカプロラクトン(PCL)は柔軟性のある糸で、持続期間は2年から3年ほどと比較的長いです。

糸リフトのメリット

糸リフトのメリットには以下の点があります。

  1. 施術後すぐに効果が現れる。
  2. たるみ改善や予防が可能。
  3. 美肌効果が期待できる。
  4. ダウンタイムが短い。

糸リフトのデメリット

糸リフトのデメリットには以下の点が考えられます。

  1. 切開に比べて効果を感じにくい場合がある。
  2. 持続期間が短い。
  3. 一部のリスクが存在する。

糸リフトの施術回数

基本的に、糸リフトの施術回数には制限はありません。繰り返し施術を受けることで効果を持続させることができます。ただし、切開リフトアップ法とは異なり、基本的には回数制限がありません。ただし、医師の指導に従い、自身の肌状態や目的に合わせて施術を受けることが重要です。

糸リフトのリスク

糸リフトのリスクには、以下の点が含まれます。

  1. 引きつった顔になる可能性
  2. 期待した効果を得られない可能性
  3. 糸が透けて見える可能性
  4. 凸凹した肌になる可能性
  5. 感染症を引き起こす可能性
  6. 皮下出血、発赤、腫脹などの合併症

糸リフトの施術を受ける際には、これらのリスクを理解し、信頼性のある医師による施術を受けることが大切です。

まとめ

糸リフトは繰り返し施術を受けることで効果が持続しやすく、手軽なリフトアップ方法です。しかし、施術には一定のリスクが存在します。そのため、糸リフトの知識や経験豊富な医師のいるクリニックで施術を受けることをおすすめします。

院長 大西
院長 大西

糸リフトの持続期間は1年〜1年半程度と短く、長期的なリフトアップ効果を望む場合には適していません。ただし、溶ける糸を使用していても、糸の周りを包み込んだ繊維が柱として残るため、一度でも糸リフトを受けたことがある人は将来的に皮膚がたるみにくくなる可能性があります。

BLOOM THREAD(糸リフト)の症例写真
BLOOM THREAD (糸リフト)のご紹介です。
溶ける糸を挿入することで、口元やフェイスラインのもたつきが改善します。溶けていきコラーゲン増生され、たるみ予防にもなります🙂

痛そうに見えますが、麻酔後は無痛です。
傷跡も注射の跡が1〜2箇所です。

モニター様はマリオネットラインを気にされてましたが明らかに改善し、とても喜ばれました。

処置後3時間くらいは麻酔の影響で表情動かしづらいです。

麻酔の痛みはできるだけ出ないように工夫しております。

リスク 腫れ、一時的なつっぱり、違和感、わずかな左右差など
見た目でわかるほどの大きな引きつれなどはでませんのでご安心を👍

開院モニター1本16500円(税込)
在庫限り。

切開リフトもご相談ください。

#千葉でリフトアップならbloomclinic#糸リフト#テスリフト#フェイスリフト#千葉で美容外科ならbloomclinic#ミントリフト#千葉リフトアップ#たるみ治療 #たるみ予防#ふぉろば#開院キャンペーン#美容垢さんと繋がりたい#千葉美容クリニック#切開リフト
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
HTTPエラー。Instagram API に接続できません。 フィードは更新されません。

  1本16,500円〜 千葉駅より徒歩4分 フェイスラインが仕上がる 長期間の効果 豊富な施術実績 小顔効果 糸リフト(小顔) 特徴 施術時間の目安 施術費用…
bloom-clinic.jp