糸リフトのダウンタイムと注意点

こんな人におすすめ

  • 頬やフェイスライン、口元のたるみが気になる
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる
  • たるみが出る前に、その予防をしたい。
  • 肌にハリがない、ダウンタイムが少なく、大掛かりな手術はしたくない

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

糸リフトを受けた直後ってどんな感じ?

「施術後の痛みや腫れの程度を知りたい」

糸リフトは、美容医療の中で切ることなくリフトアップが可能な施術方法として非常に人気があります。この施術を受けた直後や施術後の経過に関心を持つ方も多いかと思います。

こちらの記事では、糸リフトを受けた直後の状態や施術後の経過について、詳しく紹介しています。ぜひ参考にしていただき、不安を解消する手助けにしてください。

糸リフトとは

糸リフトは、「コグ」と呼ばれる微小なトゲのついた特殊な糸を皮下組織内に通すことで、リフトアップが期待できる施術方法です。この糸は皮下組織の細胞に引っかけて引き上げることで、顔の引き締まりやフェイスライン、目元、口元、首などのたるみを解消する効果があります。また、手術を必要とせずに行えるため、手軽に受けることができます。使用する糸には、体内で自然に溶けるものと、溶けないものがあります。糸リフトは、リフトアップだけでなく、たるみ予防、若返り、肌質改善などの効果も期待されています。施術自体も30分程度で終了することが一般的です。

糸リフト直後〜3日目が腫れのピーク

糸リフトの施術後、腫れが最もピークになるのは、施術直後から3日目までです。その後は時間が経つにつれて徐々に腫れは収まっていきます。痛みも同様で、施術直後の麻酔の効果が切れてから3日目までが痛みのピークとなり、その後は徐々に軽減されていきます。ただし、1週間以上が経過しても痛みや腫れが治まらない場合や、症状が悪化しているように感じる場合は、速やかに施術を行ったクリニックに相談することが大切です。

糸リフト施術後の経過

以下では、糸リフト施術後の経過について詳しく説明します。

直後〜1日目

施術直後から1日目にかけて、挿入された糸の部分に腫れや痛み、むくみなどが生じることがあります。さらに、口を大きく開けにくいといった症状も起こることがあります。これらの症状は時間とともに徐々に軽減していく傾向があります。シャワーやメイクは施術翌日から可能です。

2〜3日目

内出血が生じる場合もありますが、大抵の場合はメイクで隠すことができるでしょう。痛みや腫れも続くことがありますが、3日目にはピークを迎え、その後は和らいでいくことが一般的です。

1週間経過後

1週間が経過すると、腫れやむくみが引いてきて、リフトアップの効果を実感しやすくなる段階です。また、顔の動かしにくさや口の開けにくさも徐々に軽減されていくでしょう。なお、挿入部分がかさぶたになることもありますが、触れないように気を付けることが重要です。この段階で痛みや腫れの症状が落ち着いている場合、入浴や運動、飲酒なども可能です。

2〜3週間後

多くの人々にとって、この時期になるとダウンタイムが完全に収束することが多いです。糸リフトが組織や細胞を刺激することで、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるため、肌のハリやツヤが向上し、シワやたるみの改善を実感しやすいタイミングと言えます。

1カ月後

1カ月が経過すると、全てのダウンタイムの症状が消失するでしょう。しかし、施術後に気になる症状が残る場合は、すぐに施術を行ったクリニックに相談することをお勧めします。

糸リフトのダウンタイム中の過ごし方

糸リフトのダウンタイム中には、以下の4つのポイントに注意しながら過ごすことが大切です。

  1. 血行が良くなる行動を避ける
  2. 口を大きく開けないようにする
  3. 顔のマッサージを避ける
  4. 仰向けに寝るようにする

これらについて詳しく説明します。

血行が良くなる行動を避ける 施術後の1週間程度は、入浴や運動、飲酒などの血行が良くなる行動を避けるよう心がけましょう。これらの行動は、痛みや腫れを増大させる原因となる可能性があります。

口を大きく開けないようにする 糸が挿入された部位が頬などの口周りの場合、口を大きく開けることによって挿入された糸が移動したり切れたりすることがあるため、施術後の1週間は口を大きく開けないように注意しましょう。

顔のマッサージを避ける 施術後は、挿入された糸がまだ固定されていない状態です。そのため、顔のマッサージや強い刺激を避けることが重要です。施術後1ヶ月程度は、顔のマッサージを行わないようにしましょう。

仰向けに寝るようにする 糸が挿入された部位を枕で圧迫すると、糸がずれたり切れたりする恐れがあります。施術後の1週間程度は、仰向けに寝るように心がけましょう。

実績のある医師のもとで糸リフトを受けよう

この記事では、糸リフトの施術後の経過について詳しく説明しました。糸リフトは、切開手術を必要とせずに行えるため、ダウンタイムが短いことが特徴です。ただし、施術直後から3日程度の間に腫れや痛みが生じることがあるので、これに注意することが大切です。また、施術後の経過は時間とともに段階的に進行し、効果を感じやすくなる時期があります。

院長 大西
院長 大西

糸リフトの持続期間は1年〜1年半程度と短く、長期的なリフトアップ効果を望む場合には適していません。ただし、溶ける糸を使用していても、糸の周りを包み込んだ繊維が柱として残るため、一度でも糸リフトを受けたことがある人は将来的に皮膚がたるみにくくなる可能性があります。

BLOOM THREAD(糸リフト)の症例写真
BLOOM THREAD (糸リフト)のご紹介です。
溶ける糸を挿入することで、口元やフェイスラインのもたつきが改善します。溶けていきコラーゲン増生され、たるみ予防にもなります🙂

痛そうに見えますが、麻酔後は無痛です。
傷跡も注射の跡が1〜2箇所です。

モニター様はマリオネットラインを気にされてましたが明らかに改善し、とても喜ばれました。

処置後3時間くらいは麻酔の影響で表情動かしづらいです。

麻酔の痛みはできるだけ出ないように工夫しております。

リスク 腫れ、一時的なつっぱり、違和感、わずかな左右差など
見た目でわかるほどの大きな引きつれなどはでませんのでご安心を👍

開院モニター1本16500円(税込)
在庫限り。

切開リフトもご相談ください。

#千葉でリフトアップならbloomclinic#糸リフト#テスリフト#フェイスリフト#千葉で美容外科ならbloomclinic#ミントリフト#千葉リフトアップ#たるみ治療 #たるみ予防#ふぉろば#開院キャンペーン#美容垢さんと繋がりたい#千葉美容クリニック#切開リフト
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
HTTPエラー。Instagram API に接続できません。 フィードは更新されません。

  1本16,500円〜 千葉駅より徒歩4分 フェイスラインが仕上がる 長期間の効果 豊富な施術実績 小顔効果 糸リフト(小顔) 特徴 施術時間の目安 施術費用…
bloom-clinic.jp