ピコレーザーを解説:効果と注意点

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

ピコレーザーを解説:効果と注意点

ピコレーザーの技術的特徴とは?

ピコレーザーは、その名が示す通りピコ秒単位(1兆分の1秒)でレーザーを照射する最新のレーザー治療技術です。この極めて短いパルス幅は、従来のナノレーザー(ナノ秒単位で照射する)と比較してさらに短く、その結果、レーザーの照射によってターゲットとする皮膚のメラニン色素をより精密に、かつ細かく破壊することが可能です。ピコレーザーの大きな利点は、非常に高い精度でメラニンのみをターゲットにしながら、周囲の健康な皮膚組織にはほとんど影響を与えないことです。このため、治療後の赤みや腫れが少なく、ダウンタイムも短縮されるため、患者様の日常生活における支障が最小限に抑えられます。

ピコレーザーと他のレーザー治療との違い

ピコレーザーと従来のナノレーザーや他のレーザー治療との最も顕著な違いは、その照射時間の短さにあります。ピコレーザーでは、ピコ秒単位でレーザーが照射されるため、非常に短い時間で高エネルギーを肌に与えることができます。これにより、メラニン色素のみを非常に効果的に破壊し、周囲の組織への熱ダメージを最小限に抑えることが可能です。また、ピコレーザーは、従来のレーザーよりも痛みが少なく、より広範囲な肌の問題に対応可能であるという利点も持っています。特に、シミやそばかす、肝斑といった色素沈着の治療において、ピコレーザーは顕著な効果を発揮します。

ピコレーザーが適用される主な皮膚問題

ピコレーザーは、特に色素沈着が原因の皮膚問題に対して高い効果を示します。主な適用例としては、シミ、そばかす、肝斑、タトゥーの除去などがあります。さらに、ピコレーザーは肌の質感を改善し、毛穴の引き締めや肌の全体的なトーンの向上にも寄与するため、美容面での利用も広がっています。また、照射後の回復時間が短いため、忙しい日常を送る人々にも適した治療法と言えます。

安全性と効果の科学的根拠

ピコレーザーの安全性と効果は、多くの臨床試験によって科学的に証明されています。ピコ秒レーザーは、特定の波長によって正確にメラニン色素だけを狙い撃ちすることができ、その精度の高さから周囲の健康な組織への影響を極力避けることができます。また、治療における痛みの軽減や、照射後の赤みや腫れが少ないという点も、多くの患者にとって大きなメリットです。治療後の肌の回復が早いため、日常生活に戻るまでの時間も短く、より早く効果を実感することが可能です。

よくある質問(FAQ)への回答

q

ピコレーザーによるシミ治療のメリットにはどのようなものがありますか?

a

ピコレーザーを使ったシミ治療にはいくつかの顕著なメリットがあります。まず、この治療法は従来のレーザーよりも少ない回数でシミを効果的に除去することが可能です。これは、ピコレーザーが非常に短いパルス幅で高いエネルギーを提供するため、シミをより効率的に分解し除去できるからです。

q

一度の治療で広範囲のシミやそばかすを照射することは可能ですか?

a

はい、一度の治療で広範囲のシミやそばかすに照射することは可能です。しかし、広範囲にレーザーを使用すると、治療後のダウンタイム(回復期間)が長くなることがあります。これは、広い範囲で皮膚に介入するため、皮膚が回復するまでに通常よりも時間がかかるためです。そのため、社会的な予定がない静養が可能な期間を選んで治療を受けることをお勧めします。また、施術を受ける際は、事前に医師としっかりと相談し、ダウンタイムの長さやそれに伴う生活への影響についても理解しておくことが重要です。

q

ピコスポット照射は何回行えばシミが消えますか?

a

シミの種類や深さによって必要な照射回数は異なります。一般的な軽度のシミであれば、最短で1回の照射でも明らかな効果が見られることがあります。しかし、より濃いシミの場合、完全に消すためには数回の治療が必要になることが一般的です。特に、仕上げを含めて、3か月ごとに2~3回の照射を行うことがあります。

また、ADM(後天性真皮メラノーシス)のようにメラニンが肌のより深い部分に位置する場合は、その効果を最大限にするために3回以上の治療が必要とされます。これは、深層にあるメラニンへのアプローチが難しく、複数回にわたって徐々に色素を薄くしていく必要があるためです。各患者の具体的な状況に応じて、適切な治療計画を医師が提案することが大切です。

q

ピコスポット照射は何回行えばシミが消えますか?

a

シミの種類や深さによって必要な照射回数は異なります。一般的な軽度のシミであれば、最短で1回の照射でも明らかな効果が見られることがあります。しかし、より濃いシミの場合、完全に消すためには数回の治療が必要になることが一般的です。特に、仕上げを含めて、3か月ごとに2~3回の照射を行うことがあります。

また、ADM(後天性真皮メラノーシス)のようにメラニンが肌のより深い部分に位置する場合は、その効果を最大限にするために3回以上の治療が必要とされます。これは、深層にあるメラニンへのアプローチが難しく、複数回にわたって徐々に色素を薄くしていく必要があるためです。各患者の具体的な状況に応じて、適切な治療計画を医師が提案することが大切です。

q

施術後、入浴やシャワーを浴びることはできますか?

a

シミの種類や深さによって必要な照射回数は異なります。一般的な軽度のシミであれば、最短で1回の照射でも明らかな効果が見られることがあります。しかし、より濃いシミの場合、完全に消すためには数回の治療が必要になることが一般的です。特に、仕上げを含めて、3か月ごとに2~3回の照射を行うことがあります。

施術を受けた当日からシャワーを浴びることは可能です。しかし、施術を受けた部分に赤みがある場合は、その日の入浴は避けることをお勧めします。これは、赤みがある部分がまだ敏感である可能性があるため、刺激を最小限に抑えるためです。また、施術当日は運動や飲酒、サウナの利用も控えてください。これらの活動は血流を増加させ、施術部位に余計な刺激を与える可能性があるためです。施術後の適切なケアが重要であり、医師の指示に従って安全に回復を促進することが大切です。

q

ピコレーザー照射後の注意点について教えてください

a

ピコレーザーは多くのシミや肝斑の治療に非常に効果的ですが、シミや肝斑の種類、症状の重さ、患者様の肌質によっては、ピコレーザーだけで完全に除去できない場合もあります。そのため、医師は診察を行った上で、患者様の具体的な状況に合わせた最適な治療法をご提案します。これにはピコレーザー以外の方法も含まれることがあります。シミや肝斑に関して気になる点があれば、遠慮なく医師に相談してください。適切な治療計画により、より良い結果を得ることが可能です。

q

ピコレーザーで全てのシミや肝斑を除去できますか?

a

ピコレーザー照射後にはいくつか注意すべき点があります。まず、照射した部位にはしばらくの間、他のレーザー治療や脱毛治療を行わないようにしてください。これは、治療部位を過度に刺激することを避け、適切な回復を促進するためです。次に、保湿ケアとUVケアは徹底的に行うことが重要です。これにより、治療部位の乾燥を防ぎ、新たな皮膚問題の発生を抑制するとともに、日焼けによるダメージから肌を守ります。

ピコレーザーの治療体験

治療前の準備と注意点

ピコレーザー治療を受ける前には、いくつかの重要な準備と注意点があります。まず、治療を受ける部位の日焼けは避けてください。日焼けしている肌はレーザー治療のリスクを高める可能性があります。また、妊娠中や授乳中の方、光過敏症やてんかんの既往歴がある方、心臓ペースメーカーを使用している方などは医師と相談の上で治療を避けることが推奨されます。重度の糖尿病がある方も同様です。治療前の診察でこれらの健康状態を正確に医師に伝えることが重要です。

実際の治療プロセスとは?

ピコレーザー治療は、ピコ秒単位の短いパルスで高エネルギーのレーザーを肌に照射し、シミやタトゥーなどの色素を精密に破壊します。治療は通常、痛みを感じることが少なく、多くの場合、数回のセッションで効果を実感することができます。

治療後のアフターケアのポイント

治療後は、患部が一時的に白くなることがあり、その後、黒く変色したかさぶたが形成されることがあります。このかさぶたは自然に剥がれ落ちるのを待ちます。治療部位にはスキントーンのテープを約2週間貼り、保護することが一般的です。また、治療後は患部を清潔に保ち、強い日差しを避けるためにUVケアを徹底しましょう。保湿ケアも重要で、処方された場合は医師の指示に従って内服薬や外用薬を使用します。正しいアフターケアが、治療効果を最大限に高め、副作用を最小限に抑える鍵となります。

患者の体験談と感想

多くの患者がピコレーザー治療の効果に満足しています。特に、治療後の肌の明るさやシミが軽減されたことを実感している患者が多いです。一部の患者は治療後に軽度の痛みやかゆみを経験することがありますが、これらは通常、短期間で自然に解消されます。患者の感想は個人差があり、全ての方が同じ結果を得られるわけではないため、実際の体験談を聞くことが重要です。

治療効果の実感時間

ピコレーザー治療の効果は通常、治療後数週間から数ヶ月で徐々に現れます。初回治療後に即効性を感じる患者もいますが、最終的な結果を実感するには数回のセッションを重ねる必要がある場合もあります。特に深いシミや広範囲の肌の問題に対しては、持続的な改善を達成するために複数回の治療が推奨されることが一般的です。

ピコレーザーの美容効果

シミ・そばかすへの効果

ピコレーザーはシミやそばかすに対して非常に効果的な治療法です。このレーザーは、メラニン色素に直接作用し、色素粒子を微細に破壊することで、シミやそばかすを明るく軽減します。ピコレーザーを使うことで、従来のレーザーよりも少ない回数で顕著な効果が見られ、患部の周囲の皮膚にダメージを与えることなく、治療を行うことが可能です。また、ピコレーザーはピコトーニングとピコスポットという二つの方法で施術が行われることが一般的です。全体的な肌のトーンを均一にするピコトーニングと、特定のシミに集中的に照射するピコスポットを組み合わせることにより、より効果的にシミやそばかすの改善が期待できます。

皮膚の若返りへの効果

ピコレーザーは皮膚の若返りにも広く使用されています。この治療法は、レーザーのエネルギーが皮膚の深部まで届き、コラーゲンの生成を促進します。これにより、皮膚は内部から刺激を受け、新しいコラーゲンの形成が活性化されるため、肌のハリや弾力が回復し、細かいしわやたるみが自然に改善されます。ピコフラクショナルレーザー技術を使用することで、より少ないダウンタイムで治療を完了でき、施術後すぐに日常生活に戻ることが可能です。この方法で治療を行うことにより、患者は短期間で若々しい肌を取り戻すことができます。

アクネ跡と傷跡の改善

ピコレーザーはアクネ跡やその他の傷跡の治療にも非常に効果的です。レーザー照射は、肌の微細な層に作用し、古い皮膚細胞を剥離させると同時に新しい皮膚細胞の生成を促します。これにより、ニキビ跡や傷跡が徐々に目立たなくなり、肌の表面が滑らかになります。特にピコフラクショナル方式は、ターゲットとする皮膚の細部にまで精密に作用し、皮膚の再生を促すため、治療後の肌は健康でクリアな状態に回復します。この治療は、患者の肌質や傷跡の状態に応じてカスタマイズすることができ、個々のニーズに合わせた治療計画が立てられます。

色素沈着へのアプローチ

ピコレーザーは色素沈着を目立たなくするためにも使用されます。このレーザー治療は特にくすみや肌の色の不均一さに対して効果を発揮し、肌を明るく健康的な状態に改善します。レーザーの精密な照射により、深層のメラニン色素に直接作用し、色素沈着の原因となる過剰なメラニンを分解します。さらに、治療は複数の波長を使用して行われるため、さまざまなタイプの色素沈着に対応可能で、患者一人ひとりの肌の状態に合わせた治療が行えます。

小治療回数と持続性

ピコレーザー治療の効果は通常、数回のセッション後に顕著になりますが、治療の持続性は患者の肌の状態や生活習慣に大きく依存します。一般的には、治療後の効果は長持ちしますが、紫外線への曝露や肌へのケアが不十分な場合は、新たな肌問題が発生することがあります。したがって、治療後も適切なスキンケアと定期的なメンテナンスが推奨されます。また、照射の回数は患者の肌の状態や治療の目的によって異なりますが、一般的には3回から5回の治療が推奨されることが多いです。

ピコレーザー治療の選び方と注意点

信頼できるクリニックの選び方

ピコレーザー治療を受ける際に最も重要なのは、信頼できるクリニックを選ぶことです。クリニック選びでは、まず医師の資格や経験、専門性を確認しましょう。経験豊富な医師が在籍しているクリニックは、治療の成功率が高く、安全性が保証される傾向にあります。また、クリニックが最新のピコレーザー機器を保有しているかどうかもチェックするポイントです。最新の機器を使用しているクリニックは、より効果的で安全な治療を提供する可能性が高いです。さらに、クリニックが清潔で、スタッフの対応が丁寧かどうかも、安心して治療を受けるために重要な要素です。

コストパフォーマンスを理解する

ピコレーザー治療のコストパフォーマンスを理解することは、治療を受ける際に非常に重要です。この治療法は、一般的に高価なものですが、その効果は非常に高いとされています。治療費はクリニックによって異なりますので、事前にいくつかのクリニックで治療費を比較し、明確な料金説明を求めることが必要です。また、治療に必要なセッション数や、その効果の持続期間についても理解しておくべきです。長期的に見て効果が持続する治療であれば、初期の投資が大きくても結果的にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

治療前のカウンセリングの重要性

治療前のカウンセリングは、ピコレーザー治療の成功において非常に重要です。カウンセリングを通じて、医師は患者の肌の状態や治療への期待を詳しく把握することができます。また、患者自身も治療の過程、リスク、期待できる結果について理解を深めることができるため、安心して治療を受けることができます。カウンセリングでは、患者が持つ疑問や不安に対して医師が丁寧に回答することで、信頼関係が築かれ、治療の満足度が高まります。

無資格者によるリスクとその回避方法

ピコレーザー治療を無資格者によって行うと、肌への重大なダメージや治療後の不適切なアフターケアによる副作用のリスクが高まります。これを避けるためには、治療を受ける前にクリニックで医師の資格を確認することが非常に重要です。資格を持った医師による適切な治療は、安全性が高く、期待した効果を得る確率も高まります。また、治療を受けるクリニックが適切な医療機関として登録されているかを確認することも忘れてはなりません。

治療後の不具合時の対応

ピコレーザー治療後に不具合や予期せぬ副作用が発生した場合、迅速かつ適切な対応が求められます。クリニック選びの際には、アフターケアの充実度や、トラブル発生時の対応策についても確認しておくべきです。また、治療後の不具合が発生した場合に備えて、クリニックが提供するサポート体制や、連絡先を事前に把握しておくことが重要です。信頼できるクリニックであれば、万が一の状況にも迅速かつ適切に対応してくれるはずです。

PQX ピコレーザーの費用

料金
スポットシミ取り放題(5mm以下)99,000円
スポットシミ取り 1個9,900円
スポットシミ取り 5個33,000円
スポットシミ取り 10個 57,000円

スポット・トーニング

料金
スポット 10mm以下22,000円
スポット 10mm以上1mm 2,200円
テープ、軟膏2,000円
トーニング 1回16,000円
トーニング 5回64,000円
トーニング 8回96,000円
PQX ピコレーザー
  FACE TREATMENT PQX ピコレーザー(トーニング) 特徴 施術費用 よくある質問 こんな人におすすめ シミ、毛穴、ニキビ跡が気になる方 シワが…
bloom-clinic.jp