クマ取りのメリットとポイントを解説

こんな人におすすめ

  • 睡眠時間は十分なのにクマが取れない
  • メイクをしてもクマが気になる
  • 老けた気がする
  • 目の下が膨らんでたり、凹んでたりする。

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

クマ取り治療は、目の下にあるクマやたるみを改善するために行われる美容整形手術です。しかし、治療の仕上がりは医師の技術によって大きく左右されます。クマ取り治療の効果と医師の技術の重要性について詳しく解説します。

  1. クマ取り治療の種類
    クマ取り治療にはいくつかの方法があります。負担が少ないものでは、レーザー治療や注入系などありますが、対症療法や進行を防ぐ効果はあっても、根本的な解決にはなりません。クマの原因となる眼窩脂肪を除去する施術が確実かつ効果的で、目元の状態によっては脂肪注入を併用することでさらに理想に近づける効果が期待できます。これらの治療方法は、患者様のご希望やクマの状態に応じて選択されます。
  2. 医師の技術の重要性
    クマ取り治療の効果は、医師の技術や経験に大きく依存します。適切な診断や治療法の選択、正確な手技が求められるため、熟練した医師のもとで治療を受けることが望ましいです。また、医師の技術が低いと、効果が得られなかったり、逆に合併症が起こるリスクが高まります。
  3. 良い医師を選ぶポイント
    クマ取り治療を受ける際は、以下のポイントに注意して医師を選ぶと良いでしょう。

a. 経験豊富で信頼できる医師を選ぶ

b. 口コミや豊富な症例数をチェックする

c. カウンセリングで医師との相性を確かめる

d. 事前に施術の説明や写真を見る

  1. クマ取り治療のリスク
    医師の技術によっては、クマ取り治療にはリスクが伴うことがあります。施術に時間がかかったり、出血や結膜下出血、過剰な脂肪除去などのリスクがあります。これらのリスクを最小限に抑えるためにも、医師の技術や経験が重要です。

クマ取りは傷跡が目立たない

クマ取りには、皮膚の状態にもよりますが、下まぶたの粘膜部分からアプローチしていくため、表面に傷跡が残ることはありません。施術後も時間が経つと傷跡が馴染んでいくため、安心して手術を受けることができます。

クマ取りは効果が半永久的に続く

脱脂治療によるクマ取りでは、半永久的な効果が期待できます。不要な脂肪を取り除くことで、影によってできる黒クマを解消することができます。除去した眼窩脂肪は再生しないため、効果が半永久的に続くと言われています。(本来の年齢によるたるみの進行は起こりえます。)

クマ取りはダウンタイムが短い

クマ取り治療のダウンタイムは、比較的短いのが特徴です。腫れなどは数日~1週間程度、内出血が出た場合も2週間程度で改善します。翌日からメイクも可能で、マスクや眼鏡で隠せることが多いです。

若々しさを取り戻せる

目の下にクマがあるだけで、疲れたような、老けたような印象になってしまいます。しかし、クマを取り除くことで、生き生きとした印象になるため、若々しさを取り戻すことができます。

目の下の皮膚のたるみが取れる可能性がある

治療によっては、眼窩脂肪だけでなく皮膚の余剰皮膚も切除した方がきれいに仕上がることもあります。しっかり診察させていただき、カウンセリング致します。

クマ取りは施術時間が短い

クマ取りの施術時間は、治療方法によって異なりますが、約15分程度で終わることが多いです。

また、施術後には一定期間、激しい運動やスポーツ、アルコールなどを控える必要がある場合もあります。特に術後一週間以内の過度の飲酒は、再出血などのリスクもあり注意が必要です。(出血した場合でも時間経過で改善します)

治療後は定期的なアフターフォローも行っております。多くの方は術後の状態にご満足され、通院回数が減りますが(それはそれで良いことなのですが)、アンチエイジングのボトックスや注入系などのメンテナンスを行うことでより長期的な効果を得ることができます。