クマ取りがおすすめのクリニック・名医の選び方、ポイント

こんな人におすすめ

  • 睡眠時間は十分なのにクマが取れない
  • メイクをしてもクマが気になる
  • 老けた気がする
  • 目の下が膨らんでたり、凹んでたりする。

ブルームクリニック 院長 大西雅樹


2013年 愛知医科大学医学部卒業 津島市民病院
2015年 大手美容外科 新宿ANNEX院院長/新宿院副院長
2018年 大手美容外科宇都宮院院長
2020年 大手美容外科横浜院院長 特別技術指導医歴任
2022年 高須クリニック
2022年 BLOOMCLINIC開業(千葉駅前)

クマ取りで信頼できるクリニック、名医の見つけ方【失敗しないため】

院長 大西
院長 大西

クマ取りで失敗しないためには、まず担当する医師の症例・実績数と症例写真が豊富かチェックしましょう!。さらに症例写真の仕上がりが綺麗であるかも見てみてください!

クマ取り治療の重要性とリスクについて

クマ取り治療とは?

加齢や遺伝により下まぶたにふくらみが生じると、目の下に常にクマがあるように見え、疲れた印象や老けた印象に見せてしまう原因になります。


目の下の脂肪が多かったり、長期間放置しておくとそれ自体が、皮膚のたるみを悪化させることになります。そのため早いうちに除去しておくと目元のたるみ予防にもなります。

クマ取り手術とは目の下の眼窩脂肪を取り除く手術で、下眼瞼脱脂術とも呼ばれます。主に黒クマに有効。顔の疲れた印象を改善し、若々しく見せることが期待できます。


クマ取りは皮膚を切開することはなく、まぶたの裏側の粘膜の小さい穴から脂肪を取り除きます。

クマ取りを受けて後悔失敗するケースや原因

1. 不自然な仕上がり

ケース

  • 目の下がくぼんで不自然に見える。
  • 皮膚のたるみが残り、期待した効果が得られない。

原因

  • 過剰な脂肪除去: 脂肪を過剰に取り除くことで、目の下がくぼみ、不自然に見えることがあります。
  • 皮膚のたるみ: 皮膚がたるんでいる場合、脂肪を除去するだけではたるみが改善されず、不自然な仕上がりになります。

2. 傷跡が目立つ

ケース

  • 手術後の傷跡が目立つ。

原因

  • 手術技術の不足: 不適切な切開や縫合技術により、傷跡が目立つことがあります。
  • 術後のケア不足: 術後のケアが不十分であると、傷跡が目立ちやすくなります。

3. 色素沈着

ケース

  • 目の下に色素沈着が生じる。

原因

  • 術後の炎症: 手術後の炎症が原因で、色素沈着が発生することがあります。
  • 不適切な術後ケア: 日焼けなどの外的要因や、適切な保湿ケアが行われなかった場合に色素沈着が生じることがあります。

4. 眼下の凹みや凸凹

ケース

  • 目の下に凹みや凸凹ができる。

原因

  • 不均一な脂肪除去: 脂肪の取り除き方が不均一であると、目の下に凹みや凸凹ができることがあります。
  • 不足する組織の補填: 皮膚や筋肉のたるみを適切に処理しないと、凹みや凸凹が生じます。

5. 合併症や後遺症

ケース

  • 感染症が発生する。
  • 手術中に眼球や神経が損傷される。

原因

  • 感染症: 術後に感染症が発生することがあります。
  • 眼球や神経の損傷: 手術中に眼球や神経が損傷されることがあります。

失敗しないためのポイント①症例写真・実績数をチェック

1. 自然な見た目(症例写真)

  • 目元のバランス: 手術後の目元が自然に見えるかどうか。過度に引き締まりすぎている、または不自然に膨らんでいる場合は、施術の結果が理想的ではない可能性があります。
  • 左右対称性: 目元の左右のバランスが整っているか。非対称の場合、施術の質が低いかもしれません。

2. 傷跡の目立ち具合(症例写真)

  • 傷跡の位置と目立ち具合: 傷跡が目立たず、自然な状態に見えるか。目立つ傷跡がある場合、その施術は成功とは言えません。

3. 皮膚の状態(症例写真)

  • 皮膚の質感: 手術後の皮膚が滑らかで柔らかく見えるか。硬く見える場合や不自然な質感の場合、施術が適切に行われていない可能性があります。
  • 色素沈着の有無: 色素沈着がないかどうか。色素沈着があると、手術によるダメージが残っている可能性があります。
院長 大西
院長 大西

症例の写真、実績について少なくとも3,000件は欲しいですね。
私のクマ取り実績は10,000件を突破しています!

失敗しないためのポイント②口コミや評判をチェック

1. 全体的な口コミ評価

具体的にチェックするポイント

  • 総合評価の星数やスコア: 各口コミサイトでの総合評価を確認します。多くのサイトで高評価を受けているクリニックは、一般的に信頼性が高いです。例えば、Googleレビューや美容系の口コミサイト(例:美容クリニックのランキングサイト)などで星の数やスコアを見ます。
  • 評価の数: 評価が多ければ多いほど、信頼性が高まります。10件の口コミで5つ星よりも、100件の口コミで4.5つ星の方が信頼できる場合があります。
  • 肯定的な評価と否定的な評価のバランス: 全てが完璧な口コミばかりだと信憑性に疑問が生じます。肯定的な評価と否定的な評価のバランスが取れているか確認します。

2. 口コミの投稿された日付

具体的にチェックするポイント

  • 最新の口コミ: 最新の口コミに注目します。特に直近1年以内の口コミが重要です。クリニックのサービスや医師の技術は時間と共に変わる可能性があるため、最近の評価が高いかどうかを確認します。
  • 古い口コミと新しい口コミの比較: 口コミの時系列を見て、クリニックの評判が時間とともにどのように変化しているかを確認します。例えば、数年前は高評価だったが最近の評価が低下している場合、その理由を探ることが重要です。
  • 施術後の経過報告: 施術後の長期的な効果について述べている口コミがあるかも確認します。例えば、「施術から半年経ちましたが、結果に満足しています」といったコメントが参考になります。

3. 口コミの比較

具体的にチェックするポイント

  • 他のクリニックとの比較: 自分が検討しているクリニックだけでなく、同じ地域や同じ施術を提供している他のクリニックの口コミも確認します。複数のクリニックを比較することで、相対的な評価を得られます。
  • 施術ごとの比較: クマ取りだけに特化して評価を見比べます。例えば、あるクリニックがフェイシャルケアで高評価を得ていても、クマ取りに関しては評価が低い場合があります。
  • 費用の比較: 施術費用に対する評価を確認します。例えば、「他のクリニックよりも高額だが、それに見合う結果が得られた」というコメントや、「価格は安いが効果が期待外れだった」というコメントを比較します。

クマの種類|黒クマ・茶クマ・青クマの|

青クマの解説(原因・治療法)

青クマは、目元周辺の皮膚が他の部分よりも薄いため、皮膚の下にある毛細血管が透けて見えやすくなります。毛細血管が健康な状態であれば鮮やかな赤色をしているのですが、睡眠不足やストレスなどで血行が滞ると、暗い赤色に変わります。暗い赤色に変化した血管が透けて見えやすくなり、青クマを発生させてしまうのです。

治療法

血行促進の漢方の内服、目周りを温める、注入治療などの対症療法がおすすめです。

原因
  • 睡眠不足
  • 眼精疲労
  • 血行不良

茶クマの解説(原因・治療法)

茶クマは、メイクをきれいに落としきれていなかったり、目をゴシゴシこすって摩擦を加えたりすることが原因で起こります。目元周辺の皮膚は薄くてデリケートなので、色素沈着が起こりやすくなります。また、通常人間の皮膚は28日周期で新たに生まれ変わりますが、乾燥などのダメージが加わっていると色素沈着やシミが発生しても、なかなか元に戻りにくくなります。

治療法

ハイドロキノンなどの外用薬や色素沈着を改善するレーザー治療

原因
  • 色素沈着
  • 目を擦りがち
  • メイクを落とさず寝ている

黒クマの解説(原因・治療法)

黒クマは、年齢を重ねるごとにコラーゲンやエラスチンなどが減少し、皮膚がたるむことが原因で発生します。皮膚がたるむと眼窩脂肪が前に押し出され、膨らみができます。この膨らみが影を作ることで、黒クマが発生します。加齢により進行するので、放っておくと症状は悪化してしまいます。

治療法

クリニックでのクマ取り、目の下のふくらみ取り、脂肪注入、その他注入治療など

原因
  • 目の下の脂肪の突出

クマの種類を見分けるポイント

次のとおりです。適切なケアや治療方法を選ぶためにも、クマの種類を見極めることが重要です。

青クマ:目の下を引っ張ると薄くなることで見分けることができます。皮膚を動かしても色が変わらなかっ

茶クマ:目の下を引っぱっても薄くならない、目元の皮膚は薄いため、アトピー肌や紫外線、摩擦などでダメージを受けやすい部位です。

黒クマ:眼球運動でクマが悪化したり改善する場合が判断基準となります。

クマ取り手術の内容

手術は下まぶたの裏側に小さな穴をあけて、脂肪を取り除くことから始まります。必要に応じて、太ももから取った脂肪を目の下の凹んでいる部分に注入して平らにします。

手術の結果は医師の技術力に左右されるため、技術の高い医師を選ぶことが大事です。

クマ取り手術の一連の流れ

  1. 医師とのカウンセリングで悩みや希望を共有。
  2. 手術日の予約と料金の支払い。
  3. 手術日にクリニックを訪れて手術を受ける。
施術時間20分
ダウンタイム腫れ・内出血 数日で消失(個人差あり)
リスク再発、わずかな左右差など
洗顔/入浴/化粧翌日より可能です
01 ドクター診察、カウンセリング

個室のカウンセリングルームでお話、診察をさせていただきます。気になることや疑問点などは何でもお話ください。患者様のご希望に合わせた施術プランや術後のダウンタイムについて丁寧にご説明します。

02 お申し込み

患者様に施術の注意事項や費用、術後の経過などをしっかりご納得いただいたうえで、施術のご案内をいたします。

03 麻酔

脂肪を取る箇所をマーキングし、消毒・局所麻酔を行います。
※オプションとして、笑気麻酔、静脈麻酔もご用意しています。

04 施術

マーキングしたデザインに沿って、まぶたの裏側から脂肪を取ります。

05 アフターケア

施術後は目を休めてください。コンタクトの装着は1週間後から可能です。
また、抜糸や通院の必要はありません。ご帰宅後に何か不明な点がありましたら、お気軽にご連絡ください。

クマ取り手術のタイミング

Q. いつがクマ取りの手術のベストなタイミングですか?

  • A. 「気になったとき」が適切なタイミングです。
  • 早い段階での治療が効果的とされることもあるが、自身のスケジュールや状況に合わせて判断することが重要です。
  • クリニックの選択時には、医師のカウンセリングを受けることをおすすめします。

クマ取り手術の痛みについて

Q. 手術の痛みが心配です。どうしたら良いですか?

  • A. 手術の際の麻酔の使用について、医師とのカウンセリングで相談することを推奨します。
  • 使用される麻酔の方法はクリニックによって異なりますが、ブロック注射や静脈麻酔も選択肢としてあります。
  • 手術後に痛みを感じる可能性があるため、必要に応じて痛み止めの薬を処方してもらうことが考えられます。

目元の重要性

目元の印象は、顔全体の印象に大きく影響します。そのため、手術を行う際は経験豊富な名医の選定が必要です。名医の選択の際のチェックポイントを参考に、適切なクリニックや医師を選ぶことが重要です。

クマ取り目の下のたるみ取りのよくある質問

q

クマ取りは痛いですか?

a

麻酔後はほとんどの痛みは取れますが、引っ張られる感覚や違和感などは残ります。

痛みに不安がある方は無痛で受けられる静脈麻酔もあります。

q

クマ取りの再手術は可能ですか?

a

クマ取りをしたことがある方で再度クマを取りたい方も状態によっては施術が可能です。

q

クマ取りを受けるタイミングのおすすめはありますか?

a

施術が早いほうが脱脂のみで解決すること多く、おすすめです。目の下が気になられた段階でよければ一度カウンセリングをご利用ください。

q

クマ取り時に脂肪注入は必須ですか?

a

目元の状態にもよりますが、脱脂のみで解決する方も多いです。凹みや色が気になる方は脂肪注入の併用をおすすめします。

q

クマ取りが怖いので寝てやりたいです。

a

当院は静脈麻酔が可能ですので、痛みに不安のある方でも楽に施術を受けられます。

q

皮膚のたるみもあり、しわも気になります。

a

状態によっては、余剰皮膚を切除する「目の下のたるみ取り」の施術が適応かもしれません。診察にお越しください。

q

クマは再発しますか。

a

脂肪を物理的に除去するので、その部分は再発しませんが、加齢とともにたるみやしわが出てくることはあります。

q

笑気麻酔と静脈麻酔の違いは?

a

笑気麻酔は、患者が鼻に装着されたマスクを通じて笑気ガスを吸入することで、心地よい鎮静状態に導かれます。これにより、痛みが軽減され、不安が緩和されるため、治療に対する抵抗感が低下します。対照的に、静脈内鎮静は、患者の静脈に薬剤を直接注入する方法です。この手法は、速やかに深いリラクゼーションを促し、患者を穏やかな眠りに誘い、手術や処置に対する恐怖や緊張を大幅に軽減します。

q

クマ取り後、コンタクトレンズの使用は大丈夫?

a

術後3日~1週間はお控えください。
結膜が傷から回復するまで待ってからコンタクトレンズを装着することが、不快感や回復時間の増加を避けるためには重要です。

q

スタンダードクマ取りとパーフェクトクマ取りの違いは?

a

クマ取りは脂肪の膨らみを除去する施術なのですが、若年で脂肪が少ない人用にスタンダードのメニューを用意しております。

パーフェクトクマ取りは全体的に脂肪を除去する施術となっております。