『解説』糸リフトの失敗や注意点、知っておくべきポイント

こんな人におすすめ

  • 頬やフェイスライン、口元のたるみが気になる
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる
  • たるみが出る前に、その予防をしたい。
  • 肌にハリがない、ダウンタイムが少なく、大掛かりな手術はしたくない

糸リフトとは、皮下組織内に特殊な糸を通すことでリフトアップが期待できる施術方法です。この糸には小さなトゲがついており、これを皮下組織内の細胞に引っかけて引き上げることで、フェイスライン・目元・口元・首などのたるみを解消することができます。
この施術は切らずにおこなえるため、手軽に受けることが可能です。また、使用する糸には、体内で溶ける(吸収される)糸と溶けない糸の2種類があります。

糸リフトで期待できる効果とは?

糸リフトによって期待できる効果は、リフトアップだけではなく、以下の4つです。

  • リフトアップ効果
  • たるみ予防効果
  • 若返り効果
  • 肌のハリ・ツヤを高める効果
リフトアップ効果

糸リフトは、切らずにリフトアップ効果が期待できる施術方法です。糸を挿入する本数によって、期待できるリフトアップ効果は異なります。

たるみ予防効果

糸リフトは、たるみ予防効果も見込める施術です。糸には溶ける糸を使用していても、糸の周りを包み込んだ繊維が柱として残るため、半永久的にたるみ予防効果が持続するのです。

肌のハリ・ツヤを高める効果

糸リフトを挿入することで、皮膚内部の組織や細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンなどの生成が促進されます。このことにより、肌のハリや潤い、弾力などが増すという美肌効果が期待できます。

糸リフトの施術を受ける前に知っておくべきポイント

糸リフトの施術を受ける際には、次の4つの要素を注意してください。

  • ダウンタイムと副作用が存在します
  • 施術の結果が医師によって変わる可能性があります
  • 施術中に痛みを感じる場合があります
  • 施術後はサウナや運動は控えるべきです

これらの要素を理解しておくことで、「思っていたのと違う…」という後悔を避けることができます。施術に向かう前にこれらの要素を考慮に入れましょう。

ダウンタイムと副作用が存在します

糸リフトの施術後には、ダウンタイムと副作用が生じることがあります。具体的には、腫れや痛み、内出血などが起こりうるでしょう。また、口を開けるのが難しくなることもあります。

それでも、フェイスリフトなどの外科手術に比べれば、糸リフトのダウンタイムは比較的短いです。時間が経つにつれて症状は軽減されますが、ダウンタイムが長引くようであれば医師に相談すべきです。適切な美容クリニックでは、痛み止めなどを処方してくれることもあります。

糸リフトの仕上がりは医師によって変わる可能性があります

美容クリニックの中には、技術力が不十分な医師がいる場合もあります。特に糸リフトは調整が難しく、ひきつりを起こす可能性があるため、医師選びは重要です。

頬骨が目立つ

糸リフト手術の直後、頬骨が際立つことがあると言えます。 糸リフトを適切に保つためには、こめかみまで糸を引き通すことが重要です。 それにより、手術後の腫れと糸の太さにより、手術直後は頬骨が目立つ場合があります。

しばらく引きツレや腫れが強く出る


糸リフトの手術後、時折腫れが出ることがありますが、大抵はそれほど強く腫れず、顔が膨らむような事態は生じません。施術直後に腫れが最も強くなり、その後は徐々に和らいできます。数日から一週間ほどで気になる程度の腫れは消えると考えられます。腫れが引くと顔の輪郭が鮮明に見えてきますので、その時点で糸リフトの効果を実感しやすくなります。

糸リフトの事前情報まとめ

インターネットのレビューや口コミ、友人からの推薦などを基に、信頼できる美容クリニックを選ぶことをおすすめします。

施術中に痛みを感じる場合があります 糸リフトの施術中には麻酔を使用しますが、それでも痛みを感じることがあります。特に、麻酔の注射時や糸を皮膚内に通す際に痛みを感じることが一般的です。

痛みに敏感な方や心配な方は、事前に医師に相談すると良いでしょう。一部の美容クリニックでは、局部麻酔や笑気麻酔の追加オプションもあります。

施術後はサウナや運動は控えるべきです 糸リフト施術後は体温を上昇させると、腫れや内出血などの副作用が悪化し、ダウンタイムが長引く可能性があります。そのため、入浴・サウナ・飲酒・マッサージなどは、腫れや内出血が落ち着いてから行うべきです。

院長 大西
院長 大西

糸リフトの持続期間は1年〜1年半程度と短く、長期的なリフトアップ効果を望む場合には適していません。ただし、溶ける糸を使用していても、糸の周りを包み込んだ繊維が柱として残るため、一度でも糸リフトを受けたことがある人は将来的に皮膚がたるみにくくなる可能性があります。

BLOOM THREAD(糸リフト)の症例写真
BLOOM THREAD (糸リフト)のご紹介です。
溶ける糸を挿入することで、口元やフェイスラインのもたつきが改善します。溶けていきコラーゲン増生され、たるみ予防にもなります🙂

痛そうに見えますが、麻酔後は無痛です。
傷跡も注射の跡が1〜2箇所です。

モニター様はマリオネットラインを気にされてましたが明らかに改善し、とても喜ばれました。

処置後3時間くらいは麻酔の影響で表情動かしづらいです。

麻酔の痛みはできるだけ出ないように工夫しております。

リスク 腫れ、一時的なつっぱり、違和感、わずかな左右差など
見た目でわかるほどの大きな引きつれなどはでませんのでご安心を👍

開院モニター1本16500円(税込)
在庫限り。

切開リフトもご相談ください。

#千葉でリフトアップならbloomclinic#糸リフト#テスリフト#フェイスリフト#千葉で美容外科ならbloomclinic#ミントリフト#千葉リフトアップ#たるみ治療 #たるみ予防#ふぉろば#開院キャンペーン#美容垢さんと繋がりたい#千葉美容クリニック#切開リフト

  1本14,900円〜 千葉駅より徒歩4分 フェイスラインが仕上がる 長期間の効果 豊富な施術実績 自然な仕上がり 先着20名限定キャンペーン 糸リフトの新規…
bloom-clinic.jp